• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 雅楽の笛の曲。舞人の登場のときなどに太鼓・鉦鼓 (しょうこ) と合奏する。新楽乱声・古楽乱声・小乱声・高麗 (こま) 乱声・高麗小乱声などがある。

  1. 鉦 (かね) ・太鼓を打ち鳴らしてときの声をあげること。

    1. 「つねに太鼓をうって―をす」〈平家・九〉