1. 地上や水底に数多く不規則に打ち込んだくい。昔、それに縄を張り巡らして、通行や敵の攻撃の妨げとした。

  1. 治水・護岸などのために、河岸や海岸の近くに乱立させてある杭。

出典:青空文庫