• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

紅斑の上に雲母 (うんも) 状の銀白色の鱗屑 (りんせつ) が生じる慢性皮膚病。多く、ひじ・ひざなどにでき、落屑 (らくせつ) が著しい。

[医学/病気]カテゴリの言葉

出典:gooニュース