• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

亀井南冥の解説 - 小学館 大辞泉

[1743~1814]江戸後期の儒学者・医師。筑前の人。名は魯。字 (あざな) は道載 (どうさい) 。徂徠 (そらい) 学を学び、福岡藩の儒員兼医員となったが、晩年は不遇のうちに自殺。著「論語語由」など。

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉