• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

亀井昭陽の解説 - 小学館 大辞泉

[1773~1836]江戸後期の儒学者。筑前の人。名は昱 (いく) 。南冥の長男。父南冥の跡を継ぎ徂徠学を奉じ、のち徂徠学に朱子学を取り入れた経学を大成。著に「左伝纉考」「論語語由述志」「読弁道」など。

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉