• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

亀菊の解説 - 小学館 大辞泉

鎌倉前期の京都の白拍子 (しらびょうし) 後鳥羽上皇の寵姫。上皇が亀菊に与えた摂津国長江・倉橋両荘の地頭職の停廃を幕府に要求したことが、承久の乱の一因になったという。生没年未詳。