• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《紙の端をひねった形が亀の足に似ているところから》

  1. 焼いた鳥肉の足や魚のくし焼きの手元を紙で巻き、その端をひねったもの。

  1. 折敷 (おしき) ・折櫃 (おりびつ) などの敷き紙の四隅を、上に折り返したもの。

  1. ふたのない容器に紙をかぶせたとき、とれないようにその四隅をひねったもの。

[生活/料理]カテゴリの言葉