《「海軍飛行予科練習生」の略称》旧日本海軍で、飛行機搭乗員育成のため、昭和5年(1930)に設けられた制度。14~15歳の少年に約3か年の基礎教育を施した。

出典:青空文庫