• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. (ラテン)quid facti》カント哲学で、認識が成り立つ事実を事実として問題にすること。→権利問題

  1. 訴訟事件の審判において、係争事案における事実関係の確定に関すること。→法律問題

[宗教・思想/思想・哲学]カテゴリの言葉

[社会/法律]カテゴリの言葉