• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

裁判所法令を適用するにあたって、裁判の基礎となる事実の存否について判断すること。