• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

企業が老朽化した情報システムを放置することにより、令和7年(2025)ごろに生じるとされる問題。

[補説]平成30年(2018)に経済産業省主催のデジタルトランスフォーメーション(DX)に向けた研究会において、企業がレガシーシステムの刷新を怠ると、管理コストの増加を招き、新技術の導入を阻む要因になると指摘。それらの問題が顕在化するのは、各種基幹業務システム(ERP)のサポートが終了する2025年ごろであり、システム刷新に向けた計画立案、人材育成、設備投資が必要であると勧告した。