1. 二歩目。

  1. 二の足を踏むの意から》ためらうこと。しりごみ。

  1. 太刀の鞘 (さや) の帯取りを通す足金物 (あしかなもの) で鞘口から遠い方のもの。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

出典:青空文庫