• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 旧式珠算での割算の九九の一つ。10を2で割るとき、一〇の位の一の珠 (たま) をはらい、桁 (けた) の上の珠を一つおろして五とおくこと。

  1. 物を半分ずつに分けること。

  1. 計算。勘定。