• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

狂言。二人の大名が、通りがかりの男をむりやり供の者に仕立て太刀 (たち) を持たせる。男は大名の態度に腹を立て、太刀を抜いて二人の小袖を奪ったうえ、犬や鶏のまねをさせてなぶる。

[演劇・映画/能・狂言の作品]カテゴリの言葉