• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

歌舞伎舞踊。常磐津 (ときわず) ・長唄。天保6年(1835)大坂角 (かど) の芝居で「恋袂 (わけふたつ) 二人道成寺」の名題で初演。「京鹿子 (きょうがのこ) 娘道成寺」を二人で踊る趣向のもの。