• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸時代、陰暦正月・7月の26日の夜、月の出るのを待って拝むこと。月光の中に弥陀・観音・勢至の三尊が現れると言い伝えられ、特に江戸高輪 (たかなわ) から品川あたりにかけて盛んに行われた。六夜待ち。