• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《平安時代の歌学で、万葉集ホトトギスの鳴き声を「二四八」と表記していると説かれたために生じた歌語》ホトトギスの初めて鳴く声。

「奈良坂を来鳴きとよますほととぎす―とこそをちかへり鳴け」〈奥義抄・下〉