馬の背の両側に枠をつけて、そこに一人ずつ乗ること。

「所謂からしり、乗りかけ、二宝荒神、三宝荒神なるまで」〈孔雀楼筆記・四〉