• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

鹿の毛の地色に、他の色が加わること。夏は赤みを、秋は黒みを帯びる。

「落ちかはる―の鹿のくもり星ややあらはるる夏はきにけり」〈夫木・七〉