• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

笙野頼子の短編小説。祖先が蘇り、生者と混じって祝宴を開くという二百回忌の様子を、マジックリアリズム純文学の文体で表現する。平成6年(1994)刊行。同年、第7回三島由紀夫賞受賞。