• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
ふたみがうら」に同じ。[歌枕]
    1. 「玉くしげ―に住む海人 (あま) のわたらひぐさはみるめなりけり」〈躬恒集

兵庫県豊岡市城崎 (きのさき) 町上山 (うやま) 、円山 (まるやま) 川下流の景勝地。[歌枕]
    1. 「夕づく夜おぼつかなきを玉くしげ―はあけてこそ見め」〈古今・羇旅〉

兵庫県明石市二見町の海岸。[歌枕]
    1. 「玉くしげあけて見つれど朝ぼらけ―はなほ浪ぞ寄る」〈大弐高遠集〉

[地理/日本地名/近畿]カテゴリの言葉