1. 表と裏の二つの面。うらおもて。

    1. 「時雨ふる児手柏 (このてがしは) の―とてもかくても濡るる袖かな」〈新千載・雑上〉

  1. 表裏のある心。ふたごころ。

    1. 「それは―にて、心ねぢけたる人にたとへし忌み言なり」〈読・春雨・血かたびら〉

出典:青空文庫