• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. ばくちのさいの目で、2個のさいが五と一、または三と六と出ること。どちらも価値のない数。

  1. どちらも取り柄や値打ちがないこと。