五体投地の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

両肘ひじ両膝ひざと頭を地面につけて行う拝礼。全身を地に投げ伏してうやうやしく行う最高の拝礼。▽仏教語。「五体」は頭と両手・両足の意。全身。
用例
私は得度させていただいたことを本尊に謝し、案内の僧侶にうながされるままに、石甃いしがわらに額をつけて五体投地の礼をした。<瀬戸内晴美・古都旅情>
類語
稽首作礼けいしゅされい 五輪著地ごりんじゃくち

五体投地の解説 - 学研 四字熟語辞典

頭と両ひじ、両ひざを地面につけて行う拝礼。
注記
仏教での最高の拝礼。「五体」は、からだの五つの部分。ここでは、頭・両ひじ・両ひざのこと。
表記
「投地」を「倒地」と書きちがえない。

五体投地の解説 - 小学館 大辞泉

仏教徒が行う最高の敬礼法。両ひざ・両ひじを地に着けて伏し、さらに合掌して頭を地につける。接足作礼 (さらい) 。

キーワード[宗教・神仏]の四字熟語

キーワード[動作]の四字熟語

やりがちな表現を変えたい!言い換え、類語がアプリでわかる idraft by goo

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。