• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

菩薩 (ぼさつ) が仏果に至るまでの修行の段階を52に分けたもの。十信・十住・十行・十回向・十地および等覚・妙覚をいう。十信から十回向までは凡夫で、十地の初地以上から聖者の位に入り、等覚で仏と等しい境地となる。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉