• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

日本書紀で、素戔嗚尊 (すさのおのみこと) の子。木種 (こだね) をもって天降 (あまくだ) り、大八洲国 (おおやしまぐに) をことごとく青山にしたという。古事記にみえる大屋毘古命 (おおやびこのみこと) と同一神とされる。伊太祁曽 (いたきそ) 神社の祭神。

[宗教・思想/神道]カテゴリの言葉