地歌。作詞者未詳。白川検校作曲。
長唄を杵屋弥十郎が長唄に作曲。歌舞伎狂言「五大力恋緘 (ごだいりきこいのふうじめ) 」の中でめりやすとして使われた。
五大力恋緘」の通称。
  1. 《五大力菩薩が道祖神の本地とされたところから、その力により手紙が無事に届くとされて》江戸時代、主に女性が、相手に無事届くようにと手紙の封じ目に記した文字。「五大力菩薩」とも記した。

  1. 江戸時代、女性が魔よけや貞操の誓いとして、かんざし・キセル・三味線の裏皮などに彫ったり書いたりした文字。

  1. 五大力船」の略。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

[美術・音楽/音楽作品]カテゴリの言葉

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃の作品]カテゴリの言葉