• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸幕府の刑事裁判の形式の一。寺社勘定の三奉行と、大目付目付の五者で審理したもの。高位の者の犯罪や国家の大事件を裁判するため、老中が命令して臨時に設置させた。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉