• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

奈良時代以後、朝廷年中行事の一。毎年5月5日に天皇が武徳殿に出て、群臣に宴を賜り、あとに騎射が催される。参列する人々は菖蒲 (あやめ) 鬘 (かずら) につけた。平安時代後期には衰えた。端午の節会。いつかのせち。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉