仏語。この世が悪くなるときの五つの汚濁の相。天災・疫病・戦争などが起こる劫 (こう) 濁、誤った考え方がはびこる見濁、衆生 (しゅじょう) の寿命が短くなる命 (みょう) 濁、煩悩によって悪が蔓延する煩悩濁、衆生の資質や果報が低下劣悪となる衆生濁。五つの濁り。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉