• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

いくえにも重なっていること。

「白雲の―に隠り遠くとも夕 (よひ) 去らず見む妹があたりは」〈・二〇二六〉