• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

香川県中央北部にある、瀬戸内海の備讃 (びさん) 瀬戸に臨む台地。高松市・坂出 (さかいで) 市の境に位置し、南北約10キロメートル、東西約8キロメートル。ほぼ平坦な卓状地となっており、最高峰は猪尻 (いのしり) 山(標高483メートル)。名の由来は白峰 (しらみね) 山・黒峰・赤峰 (あかみね) 台(または紅 (こう) ノ峰)・青峰・黄ノ峰の山々があることから。瀬戸内海国立公園に属する。国分 (こくぶ) 台。

[地理/日本地名/四国]カテゴリの言葉