• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

五行相剋の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

水・火・金・木・土の五つの根元要素が互いに力を減じ合い、水は火に、火は金に、金は木に、木は土に、土は水に勝つという考え方。五行の徳を歴代の王朝にあてはめて変遷の順を理論づけた学説の一つ。▽「剋」は勝つ意。「五行」は日常生活に欠くことのできない木・火・土・金・水の五つの要素で、これらがある一定の法則で循環交代して万物を生ずる根元となると考えられた。「剋」は「克」とも書く。
出典
『春秋繁露しゅんじゅうばんろ』五行相勝ごぎょうそうしょう
類語
五行相勝ごぎょうそうしょう
対義語
五行相生ごぎょうそうしょう

五行相剋の解説 - 学研 四字熟語辞典

もく・火・土・金こん・水すいがそれぞれ、木は土に勝ち、土は水に勝ち、水は火に勝ち、火は金に勝ち、金は木に勝ち、と相手の力を減らす関係のこと。五行の徳を中国の歴代の王朝の変遷に当てはめて、その流れを理論化した学説の一つ。
注記
「五行」は、中国古代の哲理で、日常生活に欠かせない五大要素、木・火・土・金・水のこと。この五つが一定の法則で循環して万物を生み出すとされた。「剋」は、勝つこと。
表記
「剋」は、「克」「勝」とも書く。
出典
『春秋繁露しゅんじゅうはんろ』五行相勝
対義語
五行相生ごぎょうそうしょう

キーワード[五行説]の四字熟語

goo辞書 その言葉、間違っていませんか?投稿前に文章をチェック!

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。