• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

すこしばかり。いささか。

「その主観には―の詐りをも感じられなかったとは言え」〈里見弴・安城家の兄弟〉