• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

亜欧堂田善の解説 - 小学館 大辞泉

[1748~1822]江戸後期の洋風画家。岩代 (いわしろ) の人。本名、永田善吉。画僧月僊 (げっせん) 谷文晁 (たにぶんちょう) に師事、松平定信の御用絵師となる。江戸で洋風画法や銅版画を学び、江戸名所風景の連作に腕をふるった。

[美術・音楽/日本・東洋の美術作家]カテゴリの言葉