• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

水を臨界点以下のセ氏374度、218気圧より低く、セ氏100度、1気圧以上にした状態。超臨界水に比べて酸化力が弱い。たんぱく質セルロースなどをアミノ酸に分解するほか、比誘電率が低く油と容易に混合するため、生ごみの資源化などに利用される。