• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

平常取引をする場合に、債権債務の発生ごとに決済せず、一定期間内の取引から生じる債権・債務の総額について相殺をし、その残額を支払うことを定めた契約。期間は当事者間で任意に定められるが、特約がなければ6か月。

[社会/経済]カテゴリの言葉