• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

他人がどうあろうと、また何を言おうと気にせず、自分の信じるところ欲するところに従って物事を行うべきである。