• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

簿記で、取引先ごとの債権債務を処理するために、相手方の氏名または商号などを勘定科目として設ける勘定。