人としての正しい道にはずれること。また、その人。ひとでなし。

「会はずに帰って―の名を取れか」〈浄・反魂香

出典:青空文庫