1. 生きた心地。また、ほっと、くつろいだ感じ。「恐ろしくて―もなかった」

  1. 人間としての平常の感覚や意識。ひとごころ。

    1. 「少し―もせば院に参らせむと」〈宇津保・国譲下〉

出典:青空文庫