• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

天下太平・鎮護国家を祈願するために、仁王経を講説・讃嘆する法会 (ほうえ) 。斉明天皇6年(660)に始まり、奈良・平安時代には年中行事化した。宮中の大極殿紫宸殿 (ししんでん) 清涼殿などで行われた。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉