[動カ五(四)]

  1. ほのかに見える。かすかに目にとまる。「霧の中に姿が―・く」

  1. ほのかに香る。「風に―・く花の匂い」

  1. それとなく言葉や態度に表れる。「人のよさが―・いている」

  1. ちらりと寄る。ちょっと顔を出す。

    1. 「思ひもかけず―・き給ふめりしを」〈夜の寝覚・三〉

出典:青空文庫