• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

今文で書かれた「書経」。秦の焚書 (ふんしょ) のとき、博士の伏生が壁の中に隠して残した29編を、漢代の隷書で書きなおしたもの。