• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

仏も神も、身に過ぎた果報を願う者には、かえって不幸を与える。分不相応な望みは災いのもとだということ。