[名]仏の頭の頂。肉髻 (にくけい) をさす。
[名・形動]無愛想なこと。また、そのさま。
    1. 「誰が来てもああいう―な顔をしているのだから」〈紅葉・二人女房〉

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉