• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「しちょう」とも》

  1. 律令制で、成年の男子に課せられた力役 (りきやく) 。50戸ごとに二人が割り当てられ、3年交替で諸官庁で労役に服させた。してい。つかえのよぼろ。

  1. 平安時代以降、貴族の家などで、雑役に従事した下男。