• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[動カ下一][文]しつ・く[カ下二]《「し」はサ変動詞「する」の連用形。「仕」は当て字》
  1. しなれている。やりつけている。「―・けない仕事なので、はかどらない」

  1. (「躾ける」とも書く。「躾」は国字)礼儀作法や芸などを教え込む。「子供をきびしく―・ける」

  1. 縫い物にしつけをする。「着物の袖を―・ける」

  1. 植えつける。また、田植えをする。「畑にキャベツを―・ける」

  1. 嫁入りや独立など、娘や息子の身の振り方を決めさせる。

    1. 「今時の縁組…美を尽くして―・けける」〈浮・一代女・四〉

  1. 負かす。やっつける。

    1. 「千代歳さまに―・けられて無念な」〈浄・冥途の飛脚