1. 相手にしかけること。先に攻撃などをすること。「敵の―を待つ」

  1. 目的のために巧みに工夫されたもの。

    1. ㋐装置。からくり。「自動的に閉まる―」「種も―もない」

    2. ㋑策略。たくらみ。「まんまと―にはまる」「色―」

    3. ㋒釣りで、ねらう魚に応じて、糸・針・おもり・浮きなどを仕組んだもの。

  1. 物事をし始めて中途であること。やりかけ。「―の仕事を済ます」

  1. 仕掛け花火」の略。

  1. もののやり方。手段。

    1. 「今の商売の―、世の偽りの問屋なり」〈浮・胸算用・一〉

  1. 食事などの用意。

    1. 「流元 (ながしもと) に明日の―してゐると」〈滑・膝栗毛・発端〉

  1. 江戸時代、金貨・銀貨・銅貨の換算相場をごまかすこと。

出典:青空文庫