1. 主人が使用人に、季節に応じた衣服を与えること。また、その衣服。おしきせ。

    1. 「仲働 (なかばたらき) を雇うとしますと、給金から、年二度の―から」〈二葉亭其面影

  1. 江戸時代、幕府が右筆 (ゆうひつ) 同朋 (どうぼう) などに時服を支給したこと。おしきせ。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉

[生活/ファッション]カテゴリの言葉

出典:青空文庫